独身アラサーが発信する男子向けブログメディア【OutPut】

独身アラサーが発信する男子向けブログメディア

1955 スモーキーアメリカを食べてみた【感想・口コミ】

time 2016/07/07

1955 スモーキーアメリカを食べてみた【感想・口コミ】

sponsored link

古きアメリカを思わせる新バーガー

2016年7月6日より販売が開始されたマクドナルドの日本上陸45周年を記念して登場した期間限定メニュー
それが「1971 炙り醤油ジャパン」と「1955 スモーキーアメリカ」

45周年の記念バーガーということで気になったので、今回は1955 スモーキーアメリカを食べてみました

1955 スモーキーアメリカはマクドナルドの世界第1号店がオープンした1955年当時のアメリカがイメージされた正統派バーガーです。

IMG_1004

少し古い時代を思わせる英字の新聞紙をイメージした包装紙にくるまれています。

IMG_1005

iPhone6のカバーと比べてみると、最大幅は同じくらいでした。

IMG_1012

包装紙をあけて、バーガーを取り出します。

ビーフパティはバンスからはみ出して見えるサイズ。
ベーコンも少し見えていますね。

バンスは白ゴマのついたもの。

IMG_1014

上面のバンズを取ってみると、こんな感じ。
レタスやベーコン、トマトが目につきますね。

IMG_1015

ビーフパティの下はソースが塗られています。

ちなみに、スモーキーアメリカで入っている具は、ビーフパティ、オニオン、トマト、レタス、スモークベーコン。
ソースは2種類入っていて、バーベキューソースとオーロラソース(チキンフィレオなどに入っているようなソース)だと思います。

1955 スモーキーアメリカを食べてみた

IMG_1035

では、実食。

基本的には味が濃く、ビーフパティの味付けや2種類のソースの味が強く感じられました。

その中で、オニオンのシャキシャキ感や、トマトのフレッシュさが入ってくる感じです。

通常のハンバーガーよりも一回り大きなサイズのため、ボリューム感はあります
昼食で摂る分には、これ1つでも十分じゃないでしょうか。

また、バーベキューソースやビーフパティ、ベーコンあたりの味によるものだと思いますが、全体的に辛めの印象も受けました。

味のイメージとしてはマクドナルドっぽいものなので、濃い味が好きな人にはハマると思います。

私も比較的濃い味が好みなので、もう一度くらい食べてみたいと思いました。
ただ、1度の食事は1個で、2週間くらい間をあけたいですね。

みんなの口コミは?

私一人の感想だけでは感想として弱いと思うので、Twitterから1955 スモーキーアメリカの評判をいくつか集めてみました。

ちなみに、「#1955派」というのは、今回の期間限定バーガーの食べ比べキャンペーンのハッシュタグ。
キャンペーンは2つのバーガーのおいしかった方をつぶやいて、抽選でプレゼントがもらえるものです。
※キャンペーンは終了しました。

※口コミは「#1955派」のタグから検索して拾ったので、おいしいという意見に偏っていることをご了承ください。

おわりに

マクドナルドのこれまでの流れに沿った味のバーガーなので、リピーターにはハマりやすい味だと思います。
みなさんも一度、食べてみてはどうでしょうか?

sponsored link

ビジネス・副業



sponsored link