男子向けブログメディア【OutPut】

男子向けブログメディア

テキサスバーガー2021、ジューシーチキン赤とうがらし(マクドナルド)を食べてみた【感想・口コミは】

time 2021/06/23

テキサスバーガー2021、ジューシーチキン赤とうがらし(マクドナルド)を食べてみた【感想・口コミは】

sponsored link

マクドナルド50周年

マクドナルドは2021年6月23日より、期間限定メニューの販売を開始しました。

今回はマクドナルド50周年ということで、思い出の人気バーガー3種類が登場。
そのラインナップは、トリプルチーズバーガーこと「トリチ」、刺激的な辛さが特徴の「ジューシーチキン赤とうがらし」、2021年バージョンになった「テキサスバーガー2021」です。

2017年に登場したトリチは比較的最近のメニューのため懐かしさはやや薄いですが、久々登場のジューシーチキン赤とうがらしや、2021年バージョンのテキサスバーガー2021は気になるところ。

そこで今回は「ジューシーチキン赤とうがらし」「テキサスバーガー2021」をレポートしてきます。

テキサスバーガー2021はこんなメニュー

テキサスバーガー2021は茶色いパッケージに入れられて提供されました。

イラストがちょっと昔風ですね。

パッケージをオープン。

弾力のありそうなバンズのバーガーが登場しました。

中の具を見ていきましょう。

2枚のスモークベーコンがクロス。
その下にはトルティーヤチップスが4枚ほど入っています。

トルティーヤチップスの下、中央バンズの上側にはバーベキューソースが塗られています。

バンズを挟んでチェダーチーズ、ビーフパティ、チェダーチーズ

チェダーチーズの下、下側バンズの上には、びっしりとマスタードソースが塗られています。

ジューシーチキン赤とうがらしはこんなメニュー

赤い包装紙に包まれてジューシーチキン赤とうがらしは提供されました。

イラストのキャラクターがちょっと昔風ですね。

包装紙を外します。

ゴマ付きバンズのバーガーが登場しました。

中の具を見ていきましょう。

上側バンズの裏にはマヨソース
マヨソースの粘着力もあって、レタスもバンズ側についています。

そして、中央にドンっと入った赤とうがらしチキンパティ
赤みがかった色のチキンが特徴的です。

テキサスバーガー2021を食べてみた

では、テキサスバーガー2021を食べてみます。

3段バンズということもあって、立体感がありますね。
大口を開けて食べる必要がありそうです。

いただきます。

まず印象的だったのはトルティーヤチップスの食感。
パリッとしたチップス感があります。
ただ、バーガーの端の方のチップスはパリッと感が強かったのですが、バーガーの中心に近いあたりのチップスは、ややしっとり感もありました。
パリッとしたチップスもよいですが、しっとりとしたチップスの食感も意外と良いと思います。

やや辛めでコクのあるバーベキューソースの味わいを感じ、そして最後に来るのが下に塗られたマスタードソース。
ツンとくるピリ辛マスタードが強烈なインパクトを残しました。

スモークベーコンの歯ごたえやスモーキーな香ばしさはアクセント。

3段バンズにトルティーヤチップス、スモークベーコン、ビーフパティ、チーズと具がたくさん入っているのでボリュームは十分です。

トルティーヤチップスの食感と、マスタードソースの辛さが特徴的なテキサスバーガー2021。
異国感という楽しみも加わって、おいしくいただきました。

ジューシーチキン赤とうがらしを食べてみた

では、ジューシーチキン赤とうがらしを食べてみます。

比較的入っている具の数は少ないので、程よい厚みで持ちやすいですね。

いただきます。

まろやかなマヨソースの酸味。
レタスの食感。
そして、メインのジューシーチキン。

スパイシーな味わいが口の中に広がります。
ジューシーチキンということもあって、食べやすさ、噛みやすさ、喉の通りもよい気がします。

チキンの辛さはけっこうなもの。
辛い味が苦手な人はちょっと辛い辛さかもしれません。

逆に辛い味が好きな人は待望の登場になっているのではないでしょうか。

入っている具がシンプルなこともあって、しっかりとチキンの辛さを味わえるのもポイントですね。

おいしくいただきました。

みんなの口コミは?

筆者以外にもたくさんの方がテキサスバーガー2021やジューシーチキン赤とうがらしを食べられたみたいですね。

みなさんはどのような感想を持ったのでしょうか?
Twitter上から、口コミをピックアップしてみました。

sponsored link

カテゴリー



sponsored link