男子向けブログメディア【OutPut】

男子向けブログメディア

マクドナルドの「時をかけるバーガー」を食べてみた【感想・口コミは?】

time 2022/10/26

マクドナルドの「時をかけるバーガー」を食べてみた【感想・口コミは?】

sponsored link

FIFAワールドカップイメージ「時をかけるバーガー」

マクドナルドは2022年10月26日より新バーガーの期間限定販売を開始しました。

今回登場したのは歴代のFIFAワールドカップ大会をイメージした3種類のバーガーです。
アジアで初めての開催となった2002年の日韓大会をイメージした「こく旨かるびマック」
2014年に開催されたブラジル大会をイメージした「ワイルドビーフバーガー オニオンリング&チーズ」
そして、2022年に開催されるカタール大会をイメージした「ケバブ風チキンバーガー」

いずれのバーガーも新登場ということで大変気になるところです。
そこで販売開始日にさっそく3つのバーガーを食べてみました。

こく旨かるびマックはこんなバーガー

こく旨かるびマックは黄色いパッケージに入れられて提供されました。

2002年大会のイメージなので「アジアの興奮!」とキャッチが書かれています。

パッケージをオープン。

モコモコとした変わった形のバンズのバーガーが登場。
このバンズはサッカーボールに見立てたバンズとのことです。

言われてみれば確かにサッカーボールっぽいですね。

中の具を見ていきましょう。
上側のバンズを外します。

まず目に入るのが、牛肉のかるびフィリング
ピリ辛のたれに漬け込んだコクと旨みたっぷりの「かるび」だそうです。

その下にはビーフパティが入っています。

ビーフパティの下にはレタスがびっしり。

下側バンズにはスイートレモンソースが塗られています。

下側のバンズをひっくり返してみると、なんとこちらにもサッカーボールの柄が付けられていました。
バンズの下側はあまりしっかり見ることは少ないと思うので、気付かない人もいるかもしれませんね。

こく旨かるびマックを食べてみた

では、こく旨かるびマックを食べてみます。
いただきます。

細かい粒の付いたバンズの食感に少し新鮮さを感じつつ、まずインパクトがあるのはかるびの部分。
柔らかな肉は濃厚な甘辛いタレの味わいが強め。

そのあとに、噛んだ感触がしっかりと感じられるビーフパティ。
そういえば、どちらも牛肉ですね。

食べ進めていくと、どこか食べ覚えのある味わいに近いものを感じていきます。

カルビの甘辛いタレとスイートレモンソースが混ざり合うと、てりやきマックバーガーっぽい味を感じました。
一度そう思ってしまうと、あとは牛肉が使われたてりやきマックバーガーを食べているような感覚になりました。

コッテリとした甘辛い味わいのバーガーが好きな人には合うバーガーだと思います。

美味しくいただきました。

ワイルドビーフバーガー オニオンリング&チーズはこんなバーガー

ワイルドビーフバーガー オニオンリング&チーズは黄色と緑色が使われた包装紙に包まれて提供されました。

2014年はブラジル大会。
ブラジルの国旗の色を使った包装紙になっていますね。

包装紙を外します。

こちらも特徴的な形のバンズのバーガーです。
もちろん、イメージはサッカーボールのバンズ

中の具を見ていきましょう。
上側バンズを外します。

黄色い。。。
インパクトが強い黄色のソースはチェダーチーズソースです。

緑色のピクルスが数切れ入っていますね。

そしてバーガー名にも入っているオニオンリングが3つ。
その下にチェダースライスチーズも1枚入っています。

更にはスモークベーコンも1枚入り。

ベーコンの下にはビーフパティ

そして下側バンズにはガーリックや唐辛子など5種のスパイスが使われたピリ辛ソースが塗られています。

包装紙だけでなく、バーガーの具にも黄色と緑が使われているところにブラジルっぽさを感じますね。

ちなみに、こちらのバーガーの下側バンズ裏もサッカーボールの模様が入っていました。

なんか、包装紙の緑色のイメージからか、亀の甲羅にも見えてきた(笑)。

ワイルドビーフバーガー オニオンリング&チーズを食べてみた

では、ワイルドビーフバーガー オニオンリング&チーズを食べてみましょう。
いただきます。

具の種類が多めなので、いろいろな味や食感があります。

中でも強いのがチーズとビーフパティ。
チーズ独特の重めのまろやかさと塩味、それと交じり合うビーフパティのボリューミーな味わい。
この2つがバーガーの食べ応えを強くしている印象です。

その中でオニオンリングの揚げ物感。
たまねきの風味、食感も感じますが、どちらかというとコロモも食感の印象が強いです。

食べていくと次第に存在感を出すのがピリ辛ソース。
最初はチーズソースの味わいを強く感じるのですが、後からピリッとしたスパイシーさが追って存在感を出してきます。

スモークベーコンはアクセントといったところでしょうか。

そもそもの具の種類が多く、さらにはチェダーチーズソースがどっしりと入っていることもあってか、かなりボリューミー。

チーズが大好きでガッツリとした食事を楽しみたい人には合うバーガーだと思います。
美味しくいただきました。

ケバブ風チキンバーガーはこんなバーガー

ケバブ風チキンバーガーは白色と赤茶色が使われた包装紙に包まれて提供されました。

この色の組み合わせといえばカタールの国旗。
2022年11月20日から始まるカタール大会ですね。

包装紙をオープン。

サッカーボールに見立てたバンズの使われたバーガーが登場です。
3つ目になるとこのバンズも見慣れてきますね。

中の具を見ていきましょう。
上側バンズを外します。

上側バンズの裏面を中心に塗られているのがスイートレモンソース

その近辺には、レタス、スライスオニオン、スライストマトが入っています。

よく見ると、バンズ側にはスパイスを使ったソースも付いていますね。
ガーリックや唐辛子など5種のスパイスを効かせたケバブ風のピリ辛ソースとのことです。

パティはムネ肉を使ったサクサク衣のチキンパティ
その下にはスライスのホワイトチェダーチーズも入っています。

下側バンズにもケバブ風のピリ辛ソースが塗られていますね。

ケバブ風チキンバーガーの下側バンズにもサッカーボール柄が描かれています。
上側バンズよりも五角形、六角形がわかりやすいですね。

ケバブ風チキンバーガーを食べてみた

では、ケバブ風チキンバーガーを食べてみます。
いただきます。

サッカーボールバンズの先で感じるのが、スイートレモンソースを纏ったレタス、オニオン、トマトの野菜類。
トマトのジューシーさもあって、サッパリとした味わいを出しています。

チキンパティはフライの衣がサクサク。
鶏ムネ肉が使われたパティは、厚みもあってボリューム十分です。

少し遅れてやってくるのがスパイシーな味わい
ケバブ風のピリ辛ソースです。

ピリッとしたその辛さは意外と強めで、なかなかのインパクトを残します。

ホワイトチェダーチーズはアクセント。

野菜類のサッパリとした味わい、チキンパティのボリューム、ソースのピリ辛が融合したバーガーという印象です。
美味しくいただきました。

みんなの口コミは?

筆者以外にもたくさんの方がこく旨かるびマック、ワイルドビーフバーガー オニオンリング&チーズ、ケバブ風チキンバーガーを食べられたみたいですね。

みなさんはどのような感想を持ったのでしょうか?
Twitter上から、口コミをピックアップしてみました。

sponsored link

カテゴリー



sponsored link