独身アラサーが発信する男子向けブログメディア【OutPut】

独身アラサーが発信する男子向けブログメディア

ケンタッキー・月見和風チキンカツサンドを食べてみた【感想・口コミは?】

time 2016/09/11

ケンタッキー・月見和風チキンカツサンドを食べてみた【感想・口コミは?】

sponsored link

期間限定・月見和風チキンカツサンド

2016年9月8日より、ケンタッキーフライドチキンに期間限定のサンドが登場しました。

お月見の時期の雰囲気に合わせ、タマゴを満月に見立てた「月見」のサンドです。
「月見」系バーガーは、この時期に各ハンバーガーチェーン店が一斉に出すので、秋の定番イメージがありますね。

そんなケンタッキーの月見サンドの1つが「月見和風チキンカツサンド」

通常メニュー「和風チキンカツサンド」に半熟仕立てのタマゴが加わった商品です。

今回は、その「月見和風チキンカツサンド」についてレポートしていきます。

月見和風チキンカツサンドはこんなバーガー

img_2340
「月見カツ」とシールの貼られた包み紙で提供されました。
紙全体は月見っぽい白と黄色のデザインですね。

img_2380
包み紙から出してみましょう。

ゴマ付きバンズ、タマゴ、カツが確認できますね。

カツの全体にソースが付けられているため、包み紙の接触部にもソースが付いてしまっていますね。
手で触れるときにはカツのソースは要注意です。

img_2383
バンズを外してみました。

バンズ裏にマヨネーズが塗ってあるので、その粘着力で千切りキャベツがくっ付いています。

タマゴも全体を確認できますね。
中央付近がやや黄色っぽい感じになっていて、そこが黄身のある箇所のようです。

img_2385
タマゴの下にはチキンカツ。
べっとりとソースが付けられていますね。

顔を近づけると、ソースの甘辛い醤油の香りが漂ってきます。

実際に食べてみた

img_2410
では、食べてみます。

ソースが手に付かないように、しっかりと包み紙で覆います。

img_2417
ちなみに包み紙は、一角が袋状になっているタイプでした。

袋になっているのは、机や床に落ちやすい千切りキャベツ受け止められるのでいいですね。

img_2415
ガブっといきましょう。

うん。
とにかくこのサンド、カツのソースの味がかなり強いです。

筆者個人的には好きな味です。
カツに満遍なく付けられているため、全体を通してソースの濃い甘辛さが感じられるのは良いなと思います。

また、マヨネーズが合わさることで、そのまろやかさと酸味でさらにおいしくなる感じです。

カツについては、カツ自体はやや水分が少なめな印象です。
しかし、ソースによってそのあたりが補われているため、あまりパサパサ感はありません。
噛みやすく喉の通りも良かったです。

千切りキャベツの触感や味はアクセントですね。
そのキャベツですが、思ったよりもポロポロと落ちることはありませんでした。
マヨネーズの粘着力が大きいのかもしれません。

さて、注目の月見タマゴ。
白身のぷるっとした感触や、黄身のドロッとした感触がありました。

黄身のある個所に辿りつくと、黄身がカツのソースに加わります。
それによって、カツの味がよりコッテリとしたものになっているように感じました。

白身については、あまり強く味付けがされてい無いようで、ややマヨネーズにかき消された印象です。

全体的には、ソースの存在感が大きいメニューでした。
味の大半は和風チキンカツサンドでも味わえるものだと思いますが、黄身のドロッとした感じがアクセントとして1つ加わるのがポイントではないでしょうか。

みんなの口コミは?

さて、筆者の感想だけでは参考にしづらいかもしれませんので、Twitter上の感想もみてみましょう。

おわりに

というわけで、ケンタッキーの期間限定「月見和風チキンカツサンド」の感想でした。

今回の期間限定メニューは「月見和風チキンカツサンド」だけではなく「月見チキンフィレサンド」という商品も出ています。

筆者は月見チキンフィレサンドも食べてみました。

ケンタッキー・月見チキンフィレサンドを食べてみた【感想・口コミは?】

個人的には、どちらと言えば「月見和風チキンカツサンド」の方が好みです
レポート時にも触れていますが濃い味が好きな方には月見和風チキンカツサンドの方が合うと思います。

一方の月見チキンフィレサンドはどちらかと言えばさっぱりとした感じです。
薄めの味が好みの方は、月見チキンフィレサンドのほうが合う気がします。

期間限定メニューなので、興味のある人は早めに食べに行っておきたいですね。

sponsored link

ビジネス・副業



sponsored link