独身アラサーが発信する男子向けブログメディア【OutPut】

独身アラサーが発信する男子向けブログメディア

激辛タンドリーチキンサンド(ロッテリア)のデス辛に挑戦してみた【感想・口コミは?】

time 2017/06/08

激辛タンドリーチキンサンド(ロッテリア)のデス辛に挑戦してみた【感想・口コミは?】

sponsored link

期間限定・激辛タンドリーチキンサンド

IMG_7129

ロッテリアは2017年6月8日から、「~ロッテリアのホットな夏がやってきた!~」というキャッチコピーのキャンペーンを開始しました。

キャンペーンで期間限定販売されるメニューが、「赤の激辛」こと「激辛タンドリーチキン(アチャールソース)」と、「白の激辛」こと「旨辛タンドリーチキンサンド(ヨーグルトソース)」、シンプルな「辛口タンドリーチキンサンド」です。

いずれのメニューも「辛」という文字が付いており、その名の通り辛めのサンドとなっています。
辛さのレベルとしては、「旨辛(辛さレベル1)<辛口(辛さレベル3)<激辛(辛さレベル5)」。

ホットな夏に辛さを感じようってことですね。

さて、実は今回のキャンペーンの中では、「デス辛タンドリーチキンサンド」というメニューも数量限定で存在しています。

デス辛は激辛・旨辛・辛口のいずれかのタンドリーチキンサンドにブートジョロキアソースをトッピングしたもの。
「ブートジョロキア」はギネスブックに認定されたこともあるトウガラシです。

トッピングとはいっても、ブートジョロキアソースは無料で追加してもらえます。
数量限定というのはソースの量に限りがあるからとのこと。

ただし、デス辛という言葉から想像がつくと思いますが、ものすごく辛いメニュー。
デス辛タンドリーチキンサンドの購入に際しては辛さに関する免責同意書への署名をしなくてはならないほどなのです。

今回は、激辛タンドリーチキン(アチャールソース)をデス辛にして食べてみましたので、レポートしていきます。

激辛タンドリーチキンをデス辛にしてみた

IMG_7128

最寄りのロッテリアへ足を運びメニューを見たところ、「デス辛」の案内が見当たりませんでした。
そこで、ロッテリア公式サイトの案内ページを提示。

すると、デス辛での購入には同意書への署名が必要と言われ、用紙を差し出されました。
同意書の記入欄は、日付と購入店舗名と自分の名前。

用紙に記入し、激辛タンドリーチキン(アチャールソース)をデス辛にして購入することができました。

レジのカウンターで商品を待っていると、包装前の状態の激辛タンドリーチキンサンドを店員さんが持ってきました。
そして、私の目の前でブートジョロキアソースをサンドの中にかけ始めました

少しソースが入れられたところで、店員さんから「このくらいでいいですか?」との確認が。
よくわからなかったので、とりあえず「はい」と回答しました。

後でサイトの案内をよく確認したところ、「かけるソースの量によって辛さレベルが上がる」との表記がありました。
もっとソースをかけてもらうこともできたのだと思います。

そんな感じで、デス辛が完成しました。

激辛タンドリーチキン・デス辛はこんなバーガー

IMG_7130

では、激辛タンドリーチキンのデス辛をみていきましょう。

IMG_7135

ナンにチキンをくるんだサンドですね。
レタスが大きくはみ出しています。

IMG_7138

ナンを開いて、中の具をみていきましょう。
開いたほうが楕円形になってナンっぽいですね。

IMG_7140

ナンの片面にはマヨネーズが付いています。

IMG_7141

チキンの上にはレタスがたくさん乗っています。

デス辛のブートジョロキアソースは、レタスの上あたりにかけていました。

チキンにはアチャールソースが付けられています。
ちなみにチキンは16種類のスパイスで味付けされているとのこと。

ブートジョロキアソースとアチャールソースは色が似ているので、違いが分かりづらいですね。

IMG_7144

チキンの下側にもマヨネーズが付けられていました。

激辛タンドリーチキン・デス辛を食べてみた

IMG_7154

では、激辛タンドリーチキンのデス辛を食べてみます。
いったいどれくらい辛いのでしょうか?

IMG_7161

顔を近づけると、チリソースのような香りが漂ってきます。

いただきます。

IMG_7167

口に入れてまず感じたのが、ナンのフワフワさ
ふっくらとしたナンの柔らかい食感が印象的です。

そして・・・

次の瞬間には激辛が口の中を覆います!
ピリピリと舌を刺激される感覚です。

時間が経てばたつほど辛さが上がっていくような気がしました。

もはや、チキンの味を味わう余裕はほとんどありません。
チキンは柔らかかったという印象しか残りませんでした(笑)。

時折、マヨネーズのまろやかさがアクセントになり、一時的に辛さが和らぐこともあります。
ただ、それもあっという間にソースの辛さに浸食されていく感じでした。

私はどちらかと言えば辛いのは大丈夫な方です。
でも、激辛タンドリーチキンサンドのデス辛は、かなり効きました。

口の中はヒリヒリで、食べ終わった後も5分くらいは辛さとの戦いが続きました。

そして、食べ始めた直後からじわじわと流れ出る汗
外の気温によって出たものではなく、体の内側が熱くなってきて汗が出てきている感覚でした。

辛さについての免責同意書があるのは大袈裟だと思っていましたが、確かに辛さはかなりのもの。
辛いのが苦手な人なら食べきるのは辛いかもしれません。

しかし、私は食べきれたのですから、食べられない辛さでもありません。
辛いもの好きの人はチャレンジしてみてはどうでしょうか。

みんなの口コミは?

筆者以外にもたくさんの方が、激辛タンドリーチキンサンドを食べられたみたいですね。

みなさんはどのような感想を持ったのでしょうか?
Twitter上から、口コミをピックアップしてみました。

sponsored link

ビジネス・副業



sponsored link