独身アラサーが発信する男子向けブログメディア【OutPut】

独身アラサーが発信する男子向けブログメディア

ハワイアンスパイシーバーベキュー(マクドナルド)を食べてみた【感想・口コミは?】

time 2020/08/05

ハワイアンスパイシーバーベキュー(マクドナルド)を食べてみた【感想・口コミは?】

sponsored link

ハワイアンバーガー登場

マクドナルドは2020年8月5日から、「マックでどこでもハワイ!!」キャンペーンをスタートしました。

今回のキャンペーンでは、ハワイ気分を味わえるバーガーが登場しています。

ラインナップとしては、「チーズロコモコ」「ガーリックシュリンプ」「ハワイアンスパイシーバーベキュー」
チーズロコモコとガーリックシュリンプは過去にも登場しているメニューですが、ハワイアンスパイシーバーベキューは新登場とのことです。

やはり気になるのは新メニューのハワイアンスパイシーバーベキュー。

ということで販売開始日にさっそく食べてみました。

ハワイアンスパイシーバーベキューはこんなメニュー

ハワイアンスパイシーバーベキューはオレンジ色の包装紙にくるまれて提供されました。
「ハワイ州観光局公認」と書かれているのが目を引きますね。

包装紙をオープン。

やや黒目の小さな粒がちりばめられたバンズのバーガーが登場です。
このバンズには粉チーズがトッピングされているとのこと。

中の具を見ていきましょう。
上側バンズを外します。

まず目に入るのがポテトパティ
いわゆるハッシュドポテトが1枚入っています。

バンズやポテトにはバーベキューソースが付けられていますね。

ポテトパティの下にはビーフパティ
このビーフパティはつなぎが入っていないとのことです。

ビーフパティの下にはオレンジ色のハラペーニョチーズソース
包装紙の色はハラペーニョチーズソースの色に関係していたのかもしれませんね。

ハワイアンスパイシーバーベキューを食べてみた

ではハワイアンスパイシーバーベキューを食べてみます。

名前にスパイシーと入っているのと、マクドナルドの公式サイトには「※辛味に弱い方はご注意ください」との記載がありましたので、結構な辛さに仕上がっていそうです。

いただきます。

まず感じたのがポテトパティのボリューム
ポテトだけあって、結構お腹に溜まりそうな印象です。

そして、ポテトパティに絡むようにバーベキューソースの味わいを感じます。
スパイシーなバーベキューソースは、若干カレーっぽい印象。

カレーにはおなじみの具であるポテトと同時に味わうので、パンであるバンズも相まって、カレーパンを食べているような感覚がしました。

ビーフパティによってさらに感じるボリューム感。
そして、バーガーの一番下に入っていたハラペーニョチーズソースのピリッとした辛味が最後に口の中で感じられました。
このハラペーニョチーズソースは、辛みは確かに感じますが、そこまで警戒する辛さではない印象です。

ソースだけを口にするとハラペーニョのピリッとした辛味は強く感じられたのですが、バーガーとしてほかの具と合わせて口に入れるとそれほど存在感を感じませんでした。
バーベキューソースの方がインパクトがあったと思います。

ハワイアンスパイシーバーベキューはバーベキューソースとハラペーニョチーズソースによって味はしっかりと付いていますし、ボリューム感はあります。
ジャンキーな感じが強く、ガッツリ食べたい人にはおススメのバーガーだと思います。

ただ、とびぬけた辛さを期待していると、やや肩透かしを食らうかもしれませんね。

みんなの口コミは?

筆者以外にもたくさんの方がハワイアンスパイシーバーベキューを食べられたみたいですね。

みなさんはどのような感想を持ったのでしょうか?
Twitter上から、口コミをピックアップしてみました。

sponsored link

カテゴリー



sponsored link