独身アラサーが発信する男子向けブログメディア【OutPut】

独身アラサーが発信する男子向けブログメディア

アフィリエイター必見!A8.netの提携申請小ネタ【審査ありでも諦めるな!】

time 2016/07/28

アフィリエイター必見!A8.netの提携申請小ネタ【審査ありでも諦めるな!】

sponsored link

アフィリエイトASPの大手A8.net

アラサー男子のみなさんの中には副業に興味をお持ちの方も多いでしょう。

近年の代表的な副業の一つがアフィリエイト
ブログなどに商品を紹介した記事を投稿して、読者が記事経由で紹介商品の購入を行うことで、紹介者に報酬が入る仕組みのサービスです。
商品紹介によって売れた分に応じて、紹介者は報酬を受け取ります
いわゆる、成功報酬型広告ですね。
※報酬の発生条件は案件により異なります。資料請求や会員登録などの場合もあります。

いまや、ブログやWebサイトは誰でも簡単に持つことができる時代。
アフィリエイトでお小遣いくらいの収入にはならないかなぁ。
そう思っている人も少なくないと思います。

アフィリエイトを行うには、ASP(Affiliate Service Provider)と呼ばれるアフィリエイト広告の配信業者のサービスを利用するのが一般的です。
代表的なのがA8.net

会員登録自体の審査が無いに等しいため利用しやすいASPで、業界最大手と言われています。

A8.netでは各企業との提携が必要

会員登録は簡単に行うことができるA8.net。
しかし、会員登録が完了すればA8.net内で扱っている全ての企業の商品を紹介できるわけではありません。

A8.netの広告主となっている企業に提携の申請をして、提携を承認される必要があります
未提携の状態でいくら商品を紹介しても、1円も入ってきません。

提携の申請と言っても、やることはA8.netの管理画面から紹介したい商品を選んで提携申請のボタンを押すだけ。

あとは、広告主側の判断で提携を承認されるか却下されるかが決まります。
広告主は主にあなたのWebサイトの内容やジャンルを見て、判断を下します。

ただし、A8.netでは「即時提携」というのもあり、申請すれば即提携される広告がたくさん存在しています。
即時提携のものは確実に提携されるので、最初のうちは選びやすいと思います。

「審査あり」でも「審査なし?」

広告主側があなたとの提携についてジャッジを行うのは「審査あり」の案件の場合です。

「審査あり」の案件では、提携を申請すると広告主の判断を待たなくてはなりません。

基本的には、あなたのサイトがある程度作り込まれており、かつ案件との親和性が高ければ提携を承認される可能性は高いでしょう。
その一方で、記事数がまだほとんど無かったり、全然別ジャンルのサイトの場合、提携を拒否される確率が高くなります。

広告主も商品や会社のイメージを守るためにも、宣伝をしてくれる相手は選びたいわけです。

このような話を聞くと、「審査あり」の案件はハードルが高そうだと感じるでしょう。

でも、筆者の経験上、必ずしもそうとは言い切れません。

なぜなら、「審査あり」とされていても、ほぼ「即時提携」同然の案件が存在するのです。

一般的な審査あり

審査ありの案件と提携申請しようとすると、基本的に次のようになります。

a8sinsa-ari1
提携審査欄に「審査あり」と書いてある案件の「提携する」を押します。
a8sinsa-ari2
「審査中です。審査完了までしばらくお待ちください。」と書かれていますね。
「提携完了しました」と表示されますが、これは「提携申請が完了した」という意味合いで、この段階ではまだ提携はされていません。

たいていの場合、数日間くらいのうちに広告主の企業が提携判断を行います
提携が承認されれば、そのまま提携完了。
拒否されれば、その旨が通知されます。

稀に何のアクションも起こさない広告主もいて提携申請の期限を迎えてしまう場合もあるんですが、その場合は申請者からすれば提携拒否とほぼ同義ですね。

審査あり⇒即提携

上記が通常の審査ありの場合ですが、審査ありの案件の中にはこのような流れになるものが存在します。

a8sinsa2
提携審査欄に「審査あり」と書かれている案件です。
a8sinsa3
「提携する」ボタンを押すと、「提携完了しました」と表示されます。
前述した「審査あり」のケースと異なるのは、「早速、広告を掲載しましょう」と表示されていること。
これは、「即時提携」の案件を提携申請した場合と同じ表示なのです。

「広告リンク作成」ボタンなどが出ているため、提携申請後すぐに広告掲載に進むことができます

このように「審査あり」と表示されていても、提携申請をするとそのまま提携が完了する案件があるのです。
また、筆者の経験上では、このような案件はごくまれというわけでもなく、何回かに1回はお目にかかれる印象です。

※画面キャプチャはβ版のプログラム検索画面ですが、通常のプログラム検索画面でも大きくは違いません。
※本項の画像引用元:A8.net

【考察】なぜ審査あり⇒即提携があるの?

A8.netの「審査あり」案件の中には、実際に審査があるものと即時提携されるものがあることがお分かりいただけたと思います。

でも、どうして「審査あり」なのに即時提携になっている案件があるのでしょうか

おそらくですが、「むやみに提携申請をされたくないけど、審査する手間もかけたくない」からだと思います。

「即時提携」の案件は、広告主からすれば、誰でもいいからとにかく商品を宣伝してもらって、少しでも露出を増やしたいものといえます。
だから提携審査はフリーパス。

そのため、多くのA8.net利用者は即時提携案件の場合、気軽に提携を結びます

「審査あり」の案件は、広告主が紹介者の相手を選んで提携したい案件です。
親和性の高そうなサイトであったり、広告効果の高そうなサイトを判別して提携します。

「審査される」前提のため、自分のサイトが全く異なるジャンルだったり記事数が少ない場合は、提携してもらえないだろうと考えますよね。
拒否されることを考慮したA8.net利用者は提携申請を控えます。

「審査あり」と出ている時点でハードルが高くなり、むやみな提携申請されづらくなるわけです。

提携申請する人の多くは、自分のサイトなら提携してもらえると考える人。
案件とサイトとの親和性が高い(と思われる)人の申請が集まりやすくなります。

ある意味、その時点である程度の足切りはできています。
だったら、そこを審査の合格ラインにしてもいいですよね。

つまり、広告主は、「審査あり」にも関わらず案件に申請をしてきた人は即時提携してもいいだろうと判断したわけです。

もちろん、自分のサイトの内容や記事数に関わらず申請をする人は存在するでしょうが、その数は即時提携と比べればずっと減るハズ。

また、審査をちゃんとするとなると、申請者のWebサイトのチェックや審査結果の通知などの手間が発生します。
そういった手間は広告主からしてみれば、一種のコストです。

コストをかけてでもしっかりと申請者をチェックしたい企業もあれば、コストをかけたくないからそれなりに絞られれば良いと考える企業もありますよね。

そういった事情に配慮したのが「審査ありかつ即時提携」の案件なのではないでしょうか。

ダメもとで提携申請してみよう

「審査がある」と書かれているだけで、「無理そう」「めんどくさそう」「落ちたら嫌」といったネガティブな心理を抱きがちです。

アフィリエイトの提携申請に限らず、人は最初からイメージで決めつけて行動を控えることがありますよね。
しかしながら、やってみると意外とそんなことはない場合もあるものです。

筆者も「審査あり」の案件との提携には最初は抵抗がありました。
しかし、実際に提携を申し込んでみたら、あっさりと提携してもらえたケースが何度もあります。

もちろん、しっかりと審査をする広告主の場合には、ご縁が無かったケースも多々ありましたが・・・。

筆者が「審査ありかつ即時提携」の案件があることに気がついたのは、「審査あり」の案件への申請にトライしたからです。
審査に抵抗を感じて、ずっと即時提携案件ばかりと提携していたら、気付かなかったでしょう。

そして、気付いたことによって、紹介できる案件の選択肢が広がりました。

「審査あり」案件が即時提携かしっかりチェックされるかは、提携申請をしてみないとわかりません。

審査の結果、提携を拒否されることは十分にあり得ることですが、申請したら即時提携されることだってあるのです。

ダメでもともとのつもりで、提携申請しちゃいましょう。
むしろ、その方が提携されると「ラッキー」って気分になります。

審査に落ちたからといって大きな損をするわけでもないですし、A8.net内での自分の評価が下がるわけでもありません。
紹介したい案件があるのなら、「審査あり」に躊躇せずに提携申請してみるべきです。

それだけで、あなたのアフィリエイトの幅は広がります。

sponsored link

ビジネス・副業



sponsored link