独身アラサーが発信する男子向けブログメディア【OutPut】

独身アラサーが発信する男子向けブログメディア

グランてりやき(マクドナルド)を食べてみた【新レギュラーメニューの感想・口コミは?】

time 2017/04/05

グランてりやき(マクドナルド)を食べてみた【新レギュラーメニューの感想・口コミは?】

sponsored link

新レギュラーメニュー!グランてりやき

マクドナルドは2017年4月5日より、「グランてりやき」の販売を開始しました。

グランてりやきは、同時発売の「グランクラブハウス」「グランベーコンチーズ」とともに新しくレギュラーメニューに加わったバーガー。
肉厚ビーフパティを使用したレギュラーメニューは8年ぶりとのことです。

期間限定メニューではなくレギュラーメニューということで、急がなくても食べる機会はあるでしょうが、販売開始日に早速食べに行ってみました。

今回はグランてりやきのレポートをしていきます。

グランてりやきはこんなバーガー

IMG_6572
グランてりやきは、茶色の包装紙に包まれて提供されました。
紫系の色を使って、「Gran Teriyaki」と書かれています。
IMG_6579
包装紙の端にはカタカナでも「グランてりやき」の表記がありました。
IMG_6582
包装紙から取り出しました。

包装紙にソースがべったり付いていますね。
てりやき系メニューではあるあるです。

手にソースが付いてしまわないように気を付けたいですね。
IMG_6586
グランてりやきの包装紙は、てりやきマックバーガーでよく使われている袋状になったタイプの包装紙ではありませんでした。

端の一部が少しだけ閉じられているタイプの包装紙です。
このタイプの包装紙は、最近マクドナルドでよく見かけます。
IMG_6590
バンズを外して、中に入っている具をチェックしましょう。

バンズの裏側に塗られているのは、マスタードソース
その下には、赤色が鮮やかなトマトが入っています。
IMG_6591
トマトの下にはレタス

そしてその下には、てりやきソースがしっかりと絡められたビーフパティがあります。
パティは肉厚になっていて、通常のパティの1.7倍とのことです。

グランてりやきを食べてみた

IMG_6630
では、グランてりやきを食べてみます。

パティに絡んだてりやきソースは垂れてきやすいですし、バンズなどにも付着しているため、しっかりと包装紙にくるんで食べないと手が汚れてしまいますね。
IMG_6634
いただきます。

まず口に広がったのが、マスタードソースとトマトの味。
トマトのジューシーさとマスタードによって、さっぱりとした味わいが感じられます。

そして、甘辛いソースとパティの味によるてりやきのコッテリ感。
トマトなどによるさっぱりさによって、ややコッテリが抑えられていますが、しっかりとてりやきならではの味も感じられました。

食べる前は、てりやきとトマトはミスマッチではないかと思っていたのですが、意外とそうでもありませんでした。

一言で言えば、さっぱりしたてりやきバーガーです。
さっぱりとコッテリが融合したこれまでにはあまりなかった味わいだと思います。

IMG_6636
味わいが新鮮ですし、味もおいしい部類に入るものだと思います。

ただ、その一方で若干腑に落ちない印象も受けました。
それは、トマトやマスタードソースのさっぱりさによって、てりやきのコッテリ感が薄れていることです。

私はてりやきマックバーガーのコッテリ感が好きです。
そういう人間からすると、さっぱりさをうまく組み合わせたグランてりやきは、てりやきの特徴を消しているようにも感じるのです。

コッテリ感が控えめになっているため、てりやきのコッテリ感を求めてグランてりやきを注文すると物足りなさを感じると思います。
てりやきにあまり引っ張られず、別物と考えたほうが良いでしょう。

みんなの口コミは?

筆者以外にもたくさんの方が、グランてりやきを食べられたみたいですね。

みなさんはどのような感想を持ったのでしょうか?
Twitter上から、口コミをピックアップしてみました。

sponsored link

ビジネス・副業



sponsored link