独身アラサーが発信する男子向けブログメディア【OutPut】

独身アラサーが発信する男子向けブログメディア

熟グラコロビーフシチュー(マクドナルド)を食べてみた【感想・口コミは?】

time 2017/12/13

熟グラコロビーフシチュー(マクドナルド)を食べてみた【感想・口コミは?】

sponsored link

グラコロ新メニュー

IMG_8705

マクドナルドは2017年12月13日(水)より、「グラコロ」の期間限定販売を開始しました。

グラコロはグラタンコロッケが使われた人気の期間限定バーガー。
登場23年目の2016年には「超グラコロ」としてリニューアルされました。

2017年は新メニューの「熟グラコロ ビーフシチュー」がグラコロのラインナップに追加。
「超グラコロ」とともに2つのグラコロが販売されています。

新メニューの熟グラコロ ビーフシチューは本格ビーフシチューソースが使われたグラコロとのこと。

そこで販売開始日に早速食べてみました。

熟グラコロビーフシチューはこんなバーガー

IMG_8709

熟グラコロビーフシチューは茶色い包装紙に包まれて提供されました。

黄色い文字「熟グラコロビーフシチュー」と書かれていますね。
「熟」の字が目立っています。

IMG_8718

包装紙をオープン。

包装を外すとコロッケのコロモの香りが漂ってきました。

私の購入した熟グラコロビーフシチューは、店頭のポスターやCMに写ってたバーガーと比べるとバンズにシワがあって萎れている感じがしますね。
見た目的にはちょっとガッカリかなぁ。

IMG_8721

挟まっている具をみていきましょう。

上側バンズのすぐ下にあるのがビーフシチューソース
コクのありそうな濃い色をしていますね。

その下はチェダーチーズ
四角くスライスされたものでしたが、意外とトロッとしていました。

IMG_8723

チーズの下はグラタンコロッケ
中はホワイトソースえびマカロニが入っています。

コロッケの下には千切りキャベツが敷き詰められていました。
キャベツは包装紙にはみ出るくらいの勢いです。

下側バンズの上にもクリーミーなソースが塗られていました。

熟グラコロビーフシチューを食べてみた

IMG_8733

では、熟グラコロビーフシチューを食べてみます。

あまり強くグリップし過ぎるとコロッケが潰れてクリームが飛び出しそうなので、持つときの力加減には注意したいですね。

いただきます。

まず感じたのは、ポイントでもあるビーフシチューソースの味。
ドロッとした舌ざわりのあとに、濃厚なビーフの味わいが感じられます。

出来立てだったからか、温かみもありました。

IMG_8730

次にもう1つのポイントであるグラタンコロッケ。
サクッと音がするほどコロモがしっかりとしていました。
この歯ごたえがアクセントになっているように感じます。

そしてコロモとは反対に、コロッケの中はトロっとしたクリーミーな食感
全体的に柔らかくてスッと喉を通ってしまうくらいなのですが、時折マカロニやエビを噛んだような歯ごたえがありました。

とろみのあるチェダーチーズは、少しばかりの辛味を与えている印象です。

ビーフシチューソースの濃い味と、クリーミーで喉の通りも良いホワイトソースのグラタンコロッケ。
この2つが合わさって、全体的においしい味になっていると思います。

バンズの見た目が少し残念な気はしましたが、食べ口の色合いは茶色と黄色、白とカラフルでした。

みんなの口コミは?

筆者以外にもたくさんの方が、熟グラコロビーフシチューを食べられたみたいですね。

みなさんはどのような感想を持ったのでしょうか?
Twitter上から、口コミをピックアップしてみました。

sponsored link

ビジネス・副業



sponsored link