独身アラサーが発信する男子向けブログメディア【OutPut】

独身アラサーが発信する男子向けブログメディア

紫と黒のコラボ!ハロウィン魔女ポテト(マクドナルド)を食べてみた【パンプキンソースも混ぜちゃえ!感想・口コミは?】

time 2016/10/19

紫と黒のコラボ!ハロウィン魔女ポテト(マクドナルド)を食べてみた【パンプキンソースも混ぜちゃえ!感想・口コミは?】

sponsored link

紫芋ソース!ハロウィン魔女ポテト

img_4913
2016年10月19日から、マクドナルドは新メニュー「ハロウィン魔女ポテト 紫いも&チョコソース」の期間限定販売を開始しました。

名前にある通りハロウィンをイメージしたメニューで、先日期間限定販売が開始された「ハロウィンチョコポテト パンプキン&チョコソース」の別バージョンです。

ハロウィンチョコポテト(パンプキン&チョコソース)を食べてみた【感想・口コミは?】

ハロウィン魔女ポテトは、マックフライポテトが「魔女にいたずら」されたというコンセプト。
付属する紫いもとチョコのソースをポテトにかけて味わうメニューです。
紫と黒の色をしたソースが魔女をイメージさせますね。

今回は、そんなハロウィン魔女ポテトのレポートをしていきます
また、ハロウィンチョコポテトのパンプキンとチョコソースも使ってあんなことをしちゃいました

ハロウィン魔女ポテトはこんなメニュー

img_4797
カボチャのお面風のデザインの箱に入って提供されました。
ソースは自分でかけるため、別のパッケージに入っています。

あと、フォークも付属しています。
チョコソースをつけたポテトは素手だと手が汚れちゃいますもんね。

img_4822
img_4837
ソースをもう少しよく見てみましょう。
裏返すと、色の鮮やかさがわかると思います。
紫色は淡い感じで明るさがありますね。

img_4833
では、フタをオープン!
箱に入れられたポテトはマックフライポテトと同じです。
マックフライポテトとは入れ物が違うだけ。

ちなみに、今回のポテトはできたてで、かなりホットな感じになっていました。

img_4914
紫いも&チョコソースをかけるとこんな感じになります。
紫色のソースは珍しいですよね。
黄色いポテトの上に紫と黒色がかかることで、カラフルになりました。

ハロウィン魔女ポテトを食べてみた

img_4846
では、ハロウィン魔女ポテトを食べてみます。
まずはソースをかけるわけですが、今回は後でやりたいことがあるので、少しのポテトの上に少しだけソースをつけることにしました。
写真のポテトは少なめにしてあります(残りは別のところに除けました)。

img_4851
ね、控えめでしょ(笑)。
といっても、それで味わいが変わるわけではありません。

img_4860
付属のフォークで1つピックアップ。
しっかりとソースがついたポテトを食べてみます。

うん、顔に近づけると、紫いもの香りが感じられます
かなり甘そうですね。

img_4863
口にしてみると、最初は表面のソースの甘さが際立っていますね。
チョコの印象が強いですが、純粋なチョコとはちょっと違った味も感じられます。
チョコにスイートポテトのような味が含まれているイメージです。

これが紫いもなのでしょう。

その直後から、ポテトの塩辛さも感じられるようになります。
温かめのポテトだったこともあって、温かさと塩辛さと甘さが口の中に存在していました。

ソースをつける量が味のポイントかもしれません。

多めにソースがついていると、スイーツっぽくなって甘辛い味のポテトという印象です。
ソースが少ないと、塩辛さの中にちょっとだけチョコの甘さがあるので、個人的には少し違和感のある味だと感じました。

うまい具合にソースの量を調節できれば、「甘いけど辛い」という絶妙な味わいが楽しめます。

今回のメイン!ハロウィンチョコポテトとのコラボ

img_4821
足を運んだ店頭では、ハロウィンチョコポテトの販売も行われていました。
そこで、筆者はあることをやってみたくなりました。

それは・・・ハロウィン魔女ポテトとハロウィンチョコポテトの2つのソースを両方つけて食べることです。

アレンジするの結構好きなんですよね(笑)。
ドリンクバーで2種類の飲み物を混ぜたりとか。

これをやるために、ハロウィン魔女ポテトのポテトとソースをある程度残しておいたんです。

ハロウィンチョコポテトを食べてみた

さて、その前に簡単にハロウィンチョコポテトのレポートもしておきましょう。

img_4867
ハロウィンチョコポテトのポテトはハロウィン魔女ポテトと同じものです。
箱も同じデザインでした。

箱を開け、パンプキン&チョコソースをポテトの上に乗せていきます。

img_4876
ハロウィンチョコポテトも、このあとのためにある程度残しておきます。
そのため、写真のポテトとソースは少なめです。

こちらのソースもオレンジ色が鮮やかで、見栄えがいいですね。

img_4883
食べた感じとしては、こちらは当然ながらカボチャの風味が感じられます。
カボチャによってチョコのまろやかさが増している気がしました。

こちらもついているソースの量によって味わいが大きく違う印象です。

2つのソースを一度に味わってみた

いよいよ、紫いも&チョコソースとパンプキン&チョコソースの両方をポテトにつけるときです。

img_4900
残してあったポテトに、これまた残してあった紫いも&チョコソースとパンプキン&チョコソースを乗せていきましょう。

img_4919
先に紫いも&チョコソースをつけて、そのあとでパンプキン&チョコソースをつけてました。

img_4929
2種類のソースが乗ると、こんな感じになります。

かなりカラフルですよね。
ソースの紫とオレンジ色はどちらも明るい色ですし、チョコの黒色も含めて光沢があるので、すごく見栄えが良くなった印象です。

ある意味、食品サンプルのような彩りですね(笑)。

img_4942
では、両方のソースがついたポテトを食べてみましょう。

口に入れると、甘い味が口の中を漂います

ついていたソースの量のせいかもしれませんが、パンプキンよりも紫いもの味が強く感じられるかな。
ただ、チョコソースの量が2倍になっていることもあって、パンプキンと紫いもの味が薄れている印象です。

味については、特別何かが変わるわけではなかったですね。
見た目のインパクトの方が強かったです。

img_4965

ごちそうさまでした。

結論としては、「見た目がカラフルになるが味に大した変化はない」といったところです。
色がかなり鮮やかなので十分に見た目を楽しめる感じにはなるのですが、全く別の味わいになるかと言えばそうではありませんでした。

筆者の感覚としては、じゃっかんパンプキンよりも紫芋の味の方が強い気がしました。
ただ、ソースの付け具合などにもよるので一概には言えないでしょう。
もちろん一番強いのはチョコなわけですが(2倍になりますしね)。

「2つを混ぜるとどうなるんだろう?」と興味が持てるので、小さいこどもがいるときやみんなで一緒に楽しんでいるときにやってみるのが良いと思います。

何度もやるものではないですが、試しにやってみるのはけっこう楽しく感じられますよ。

みんなの口コミは?

みなさんはどのような感想を持ったのでしょうか?
Twitter上から、口コミをピックアップしてみました。

おわりに

5b038fad4b84afd7d8478fe3bde079f4_s
マクドナルドに限らず、最近は飲食店でハロウィンメニューをよく見かけますね。
また、スーパーマーケットなどでもハロウィン風のお菓子などが売られています。

筆者の記憶では、数年前まではこんなにハロウィン押しされてなかった印象です。
仮装がニュースで大きく取り上げられだしたのも、つい最近だと思います。

そんな、ブームとなっている感があるハロウィン。
とはいっても、時期が過ぎたら来年のこの時期まで、ハロウィンが注目されることはないでしょう

今の時期しか味わえないハロウィンメニュー
販売している間に食べに行きたいですね。

sponsored link

ビジネス・副業



sponsored link