独身アラサーが発信する男子向けブログメディア【OutPut】

独身アラサーが発信する男子向けブログメディア

グランクラブハウス(マクドナルド)を食べてみた【新レギュラーメニューの感想・口コミは?】

time 2017/04/05

グランクラブハウス(マクドナルド)を食べてみた【新レギュラーメニューの感想・口コミは?】

sponsored link

新レギュラーメニュー!グランクラブハウス

マクドナルドは2017年4月5日より、「グランクラブハウス」の販売を開始しました。

グランクラブハウスは、同時発売の「グランてりやき」「グランベーコンチーズ」とともに新しくレギュラーメニューに加わったバーガー。
肉厚ビーフパティを使用したレギュラーメニューは8年ぶりとのことです。

期間限定メニューではなくレギュラーメニューということで、急がなくても食べる機会はあるでしょうが、販売開始日に早速食べに行ってみました。

今回はグランクラブハウスのレポートをしていきます。

グランクラブハウスはこんなバーガー

IMG_6566
グランクラブハウスは、茶色の包装紙に包まれて提供されました。
緑系の色を使って、「Gran Club House」と書かれています。
IMG_6604
包装紙の端にはカタカナでも「グランクラブハウス」の表記がありました。
IMG_6605
包装紙から出してみましょう。

ベーコンやレタスがバンズからはみ出て見えていますね。
IMG_6611
ちなみに、包装紙の端の一部が閉じられていました。
最近のマクドナルドは、このタイプの包装紙が使われることが多いです。
IMG_6613
バンズを外して、中の具をよく見ていきましょう。

上側バンズの裏には、オーロラソースのような色のソースが塗られていました。
オニオン、トマトと続きます。

トマトはけっこう鮮やかな色をしていた印象です。
IMG_6615
トマトの下にはレタス
そして、ベーコンが2枚入っていました。

その下には肉厚ビーフパティ
グランクラブハウスに使用されているビーフパティは通常の1.7倍だそうです。
IMG_6617
パティで終わりかと思ったら、さらにその下にはホワイトチェダーのスライスチーズがありました。
チーズの下にはソースも塗られているようです。

グランクラブハウスを食べてみた

IMG_6658
では、グランクラブハウスを食べてみます。

たくさんの具が入っていることと、粘着性が少ないものが多いので、上下をしっかりと押さえて持つことをおススメします。
IMG_6656
いただきます。

まず感じられるのが、ベーコンの歯ごたえ
独特の香ばしい感じもあります。

やや酸味と甘みのあるソースと、トマトのジューシーさによって、全体的に甘めのまろやかな味わいが口の中に広がっていきます。

そこにビーフパティのボリュームとコショウ辛味のある味わいが加わります。

チーズのまろやかさも時折感じられました。
IMG_6665
ソース、トマト、オニオン、レタスからくるフレッシュさや甘さと、ビーフパティによる辛味や味の濃さ、重さが合わさって、バランスの取れたバーガーという印象です。

甘すぎず、辛すぎず。
あっさりすぎず、くどすぎす。

ベーコンやチーズといった味のアクセントもあり、おいしく食べられました

あえてマイナスをあげるとすれば、たくさんの具が入っているためにメインとなる味がぼやけているような気がするところでしょうか。

みんなの口コミは?

筆者以外にもたくさんの方が、グランクラブハウスを食べられたみたいですね。

みなさんはどのような感想を持ったのでしょうか?
Twitter上から、口コミをピックアップしてみました。

sponsored link

ビジネス・副業



sponsored link