男子向けブログメディア【OutPut】

男子向けブログメディア

新たなチーズ感!?濃厚とろ〜り月見(マクドナルド)を食べてみた【感想・口コミは?】

time 2021/09/08

新たなチーズ感!?濃厚とろ〜り月見(マクドナルド)を食べてみた【感想・口コミは?】

sponsored link

月見ファミリー今年も登場

マクドナルドは2021年9月8日より、月見バーガーの期間限定販売を開始しました。

月見バーガーといえば毎年9月ごろに販売されるおなじみの期間限定バーガー。
「月見バーガー」「チーズ月見」「月見マフィン」といった、「月見」と名の付く数種類のバーガーが登場しており、「月見ファミリー」なる言葉も使われ始めています。

そんな月見ファミリーに、今年は「濃厚とろ〜り月見」が新登場しました。

やはり、新メニューは気になりますよね。

ということで、発売開始日にさっそく濃厚とろ〜り月見を食べてみました。

濃厚とろ〜り月見はこんなバーガー

濃厚とろ〜り月見は黄色基調のデザインの包装紙に包まれて提供されました。
満月が街を照らすイメージになっていますね。

包装紙をオープン。
ふわっとしたバンズのバーガーが登場しました。

このバンズはチーズ風味のふわもち食感を特徴の新バンズとのことです。

中の具を見ていきましょう。
上側のバンズをオープン。

上側バンズに塗られていたのはトマトクリーミーソース
スモークベーコンが1枚入っています。

そして、月見バーガーには必須ともいえる月に見立てたぷるぷるタマゴ

タマゴの下はチェダーチーズです。

チェダーチーズの下はビーフパティ

そして、パティの下にはチーズソースがたっぷりと入っていました。
このソースはかなりとろ~りとしています。

スモークベーコンやぷるぷるタマゴ、チェダーチーズ、ビーフパティといった具が共通しているチーズ月見と並べてみました。

バンズの違いと、チーズソースの有り無しによって、かなり違う印象を受けますね。

濃厚とろ〜り月見を食べてみた

では、濃厚とろ〜り月見を食べてみます。

はみ出したチーズソースに注意しながら、バーガーを持ちます。

いただきます。

まず、特徴的に感じたのはバンズの食感。
ふわっとして、潰しやすい感触
なんとなく甘味もある気がします。

スモークベーコンはアクセントになる絶妙な歯ごたえ。
酸味のある辛さのトマトクリーミーソースの味わいもあります。
ぷるぷるタマゴは白身は柔らかく、黄身はしっかり火が通っていてパサッとした触感です。

チェダーチーズとビーフパティがチーズバーガー感を出しています。

そして、バーガーからはみ出るほどにとろ~りした注目のチーズソース。
イメージとしては、かなりトロトロに仕上げったオムレツのタマゴに近いと思いました。

しかし、味わいはタマゴではなく間違いなくチーズ。
このソースの存在が、これまでのマクドナルドのチーズの使われたバーガーとは異なる食感と味わいを出していて印象的でした。

というわけで、濃厚とろ〜り月見を食べた感想ですが、ふわとろ感とインパクトのあるチーズ感が特徴のバーガーとなっていました。

ふわとろの食感はバンズとチーズソースがどちらも引き出しています。
そしてこれまでのマクドナルドにはなかったかもしれないチーズ感。

おなじみの月見バーガーが新たな境地を開拓したのかもしれません。

ちなみに、似たような具が入っているチーズ月見と比べても食べてみたのですが、バンズとチーズソースが違うことで、チーズ月見と濃厚とろ〜り月見ではかなり異なる印象を受けました。
バーガー1つではお腹が満たされない人は、両方食べてみても良いのではないかと思います。

おいしくいただきました。

みんなの口コミは?

筆者以外にもたくさんの方が濃厚とろ〜り月見を食べられたみたいですね。

みなさんはどのような感想を持ったのでしょうか?
Twitter上から、口コミをピックアップしてみました。

sponsored link

カテゴリー



sponsored link